受託分析サービス残留農薬分析サービス農薬のお話

[農薬について]

農作物などを育てるために使用される、肥料以外の薬剤を「農薬」といいます。用途別に殺虫剤や除草剤、殺菌剤等に分類されます。

農作物に散布された農薬は光分解などにより、分解し消失するものの、条件によっては土や農作物に残留する恐れがあります。

農薬を使用した結果、農作物などに残った農薬を「残留農薬」といいます。この残留農薬が、人の健康に害を及ぼすことがないよう、様々な法律によって規制されています。

もっと詳しく知りたい方はこちら(農林水産省農薬ページへ)

[農薬を規制する法律]

農薬を規制する法律はいくつかありますが、代表的な法律としては、農薬そのものを規制する「農薬取締法」と、食品の安全性を確保するための「食品衛生法」があります。

農薬取締法 農薬の定義を定め、その製造(輸入)、販売、使用に至るすべての過程を規定しています。
登録制度を設け、農薬の品質の最適化と安全で適切な使用の確保を図ります。
食品衛生法 食品の規格基準としての残留基準、国や地方自治体による食品等の検査、人の健康を損なうおそれのある食品の販売等の禁止、違反措置などについて規定しています。

農薬の登録制度

農薬はその安全性を確保するため、製造、輸入、販売を行うために国への登録が必要となります。

農薬の登録には、その農薬の品質や安全性を確認するために様々な試験が行われています。
例えば、主に農薬を使用する人への影響を調べる急性毒性試験(短期間に多量摂取)と農薬を使用した農産物を食べる人への影響を調べる慢性毒性試験(少量を長期間摂取)などがあります。

このような様々な試験結果をもとに、安全性が確認された農薬のみが登録を許可されます。

ポジティブリスト制度とは

ポジティブリスト制度は、一定量を超える農薬等(農薬、飼料添加物及び動物用医薬品)が残留する食品の販売等を原則禁止する制度です。(平成18年5月29日施行)

この制度が導入される前は、残留基準が設定されていない農薬等が食品に残留していても、販売禁止等の措置を行うことができませんでした。この制度の導入により、現在は加工品を含むすべての食品が規制の対象となっています。

ポジティブリスト制度

[食品中の残留農薬の監視制度]

日本では残留農薬に対するさまざまな規制が正しく守られているのか、海外からの輸入食品と国内で流通する食品に分けて監視しています。現在、輸入食品については国が、国内に流通する食品については各都道府県が主となり監視・検査を行っています。

国内に流通する食品の場合

国内に流通する食品については各都道府県等が年度毎に食品監視指導計画を立て、その計画に基づいて収去検査を行っています。

この計画は、各都道府県等及び全国の違反状況や問題発生状況、その地域での食品の生産量などを勘案して毎年立てられます。例えば、和歌山市では平成29年度に野菜・果物(国産品・輸入品合わせて)について36件の収去検査を予定しています。(和歌山市平成29年度食品衛生監視指導計画より)

輸入食品の場合

食品を日本に輸入するためには、検疫所への届出が必要です。検疫所では、輸出国での規制や安全管理体制、違反状況などを勘案して輸入食品監視指導計画を立て、それに基づいてモニタリング検査を行っています。

違反の可能性の高い食品や違反が度重なる食品については、命令検査を行うこととされており、命令検査に合格しなければ輸入・流通は認められません。また、初めての輸入する事例では輸入者に自主検査を指導することもあります。

また、検疫所の検査を通過した後にも各都道府県において収去検査の対象とされることもあります。

監視体制の概要

違反品は、その販売を停止し、焼却などの廃棄処分や積戻し(輸入品を原産国へ送り返す)などが命じられ、流通が止められます。また、生産地に連絡し、その原因を調べ、農薬使用に関して生産者を指導するなど必要な対策が取られます。

[農薬分析の必要性]
~違反事例とその原因を考える~

残留農薬はその安全性を確保するためさまざまな法律で規制され、違反がないが監視されていますが、毎年違反は少なからず発生しています。
その違反の原因は何なのか、いくつかの事例とともに紹介します。

輸入食品 違反件数の推移(残留農薬)

国内で生産された農産物の事例

国内で生産された農産物の事例

国内で生産されている農産物の海外輸出時の事例

国内で生産されている農産物の海外輸出時の事例

日本では正しく管理しているが、輸出国の規制に合っていないために起こる事例です。
海外に輸出する農作物では、日本の基準だけでなく輸出先の基準値や検査内容をチェックすることも必要です。

ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
営業時間 平日9:00 ~ 17:00
ページ上部へ