受託分析サービス残留農薬分析サービスQ&A

[農薬分析について]

農薬分析って必要なの?

農薬は、病害虫・雑草の防除などに重要な役割を果たし、正しく管理し、使用することで、農産物の安定供給や高品質化、農作業の軽減などに役立つ非常に有用なものです。

ただし、農作物に散布された農薬は光分解などによって分解し消失するものの、条件によっては土壌や農作物に残留する恐れがあり、その農薬の種類や残留している量によっては人への毒性を示すことがあります。

安全な食品を提供するため、農薬取締法や食品衛生法に則ったリスク管理が求められており、残留農薬分析はその手段の一つとして非常に重要な役割を担っています。

ポジティブリストやGAPってなに?

ポジティブリスト制度
一定量以上農薬が残留する食品の流通を原則禁止する制度です。
この制度の導入によりこれまで基準値の定められていなかった農薬についても、一律基準が適用されるようになりました。

GAP
GAPとは農業生産工程管理(Good Agricultural Practiceの略称)のことで農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。
農業者や産地が取り入れることにより、結果として持続可能性の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。

基準値ってなに?

残留農薬基準値とは食品衛生法第11条により定められた食品の規格基準の1つです。食品中に残留する農薬の最大上限値を定めるものです。

約800の農薬等に食品ごとの残留基準が定められていますが、全ての農薬・食品に残留基準が定まっているわけではありません。

基準値の定められていない食品・農薬に対し、ポジティブリスト制度では一律基準値(0.01ppm)が定められました。

実際違反は起こっているの?

平成28年の輸入食品の違反事例は769件あり、そのうち残留農薬等(農薬・動物用医薬品含む)によるものが163件報告されています。

(厚生労働省 公表資料より)

違反するとどうなるの?

基準値を超えて農薬が残留している農産物は食品衛生法第11条、食品規格違反として取り扱われます。

違反品は、その販売を停止し、焼却などの廃棄処分や積戻し(輸入品を原産国へ送り返す)などが命じられ、流通が止められます。

また、生産地に連絡し、その原因を調べ、農薬使用に関して生産者を指導するなど必要な対策が取られます。

(残留農薬分析知っておきたい問答あれこれより抜粋)

[検査料金・納期について]

検査の所要日数と料金は?

検査の所要日数は10営業日程度です。混み合っている場合は納期を頂く場合があります。

検査料金はメニュー表をご確認ください。

どの項目を検査すればいいのですか?

青果物であれば国内で広く使用されている農薬をセットにした青果物メニュー(343)、輸入品であれば検疫所メニュー、加工品ではMAPS300メニューをお奨めしております。

これら以外にも、お客様の目的に合わせたメニューをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

急ぎの場合何日で結果が出ますか?

検査項目が数農薬の場合、午前10:00に弊所に届けていただければ次の日の夕方に結果を報告する「わんでい」や、5営業日で結果を報告する「ファイブデイズ」といったメニューがあります。

一斉分析であれば特急料金にて受け付けております。別途お問い合わせ下さい。

[試料について]

検査に必要な試料量はどのくらいですか?

500g以上(分析部位として300g以上)必要です。試料量が少ない場合は別途お問い合わせ下さい。

検体を送る際の注意点は?

試料輸送中、傷んだり腐敗のないようご注意ください。変質がひどい場合は検査をお断りする場合があります。

2種類以上の試料をひとつの容器に入れる場合は、試料が混合・接触しないよう個別に包んで下さい。

試料の取り誤りを防ぐために、分析試料には個々に識別を行い分析依頼書の同封をお願いしています。

分析が終わった検体は返してもらえますか?

分析に供した試料は、報告書発行後2ヶ月間に限り一部(100g程度)を冷凍保管いたします。その保管量を除いた残量があれば、返却致します。

依頼書の「試料返却を希望」欄にチェックを入れてください。着払いにて返送いたします。

[報告書について]

報告書の英語表記は可能ですか?

可能です。

日本語の報告書に加え、別途、英語表記の報告書が必要な場合は、1通¥10,000(税別)となります。

日本語の報告書が不要な場合は費用はかかりません。

報告書に試験方法は記載されていますか?

簡単な方法は記載しておりますが、それ以上の開示は基本的にはしておりません。

報告書をFAXでもらえますか?

可能です。

依頼書の「FAXを希望」欄にチェックを入れてください。

ご要望の方には、PDF形式の報告書をメールで送付いたします。

ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
営業時間 平日9:00 ~ 17:00
ページ上部へ