食品用内部品質検査装置光品質チェッカー製品特長

[食品の内部品質を非破壊で瞬時に測定]

光を使った透過測定

従来の反射式では難しい食品内部の成分や状態をしっかり検査します。

成分による光の吸収と相関性があれば、あらゆる成分を検査可能です

独自開発の高感度分光器で近赤外領域の連続スペクトルを測定するので、1回の測定で複数項目を同時に瞬時にチェックできます。

[製造工程に容易に組み込める設計]

製品を全量検査・不良品除去で、ひとつひとつの製品まで品質チェック。

それぞれの品質項目について良品範囲(上限値と下限値)を設定でき、1項目でも良品の範囲を外れたら、除去装置により不良品として除去します。

リアルタイム品質チェックで、生産ラインの歩留まりを向上。

上限値、下限値と警告値を設定し、測定値が境界値や警告値に達すると、音声と画面表示によりフィードバック情報を通知しますので、検査結果から乾燥工程や成形工程などの前工程にフィードバックし、食品品質に対するクレーム低減に大きく貢献します。

[簡単操作の品質管理]

グラフィカルなデータ処理機能で品質変動を一目でチェックできます。

全数・全量の検査履歴が保存され、すぐに検査履歴をすぐに確認できます。

またCSV形式で出力できるので、PC等にインポートして、データ解析などにご利用いただけます。

付属ソフトには、検量線作成機能も搭載しているので、誰でも簡単に検量線を作成することができます。

品質管理イメージ

[品質管理と生産ラインの連携をサポート]

より効率の高い生産性と安定品質確保のためにデータ互換性のメリットを活用!

品質管理・試験研究・生産ライン、それぞれの光品質チェッカーを結んでデータ管理を行い、品質向上や研究開発に役立てるなど、生産管理の一元化に貢献します。

品質管理と生産ラインの連携をサポート
ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
営業時間 平日9:00 ~ 17:00
ページ上部へ