お知らせ

お知らせ
第35回近赤外フォーラムにて講演を行います

2015年4月に「機能性表示食品制度」が施行され、食品に含まれる機能性成分の表示が可能になりましたが、青果物は機能性成分の含有量保証に課題があり、選果場などの現場で導入可能な簡易計測法や非破壊測定法が求められています。今回の講演では、ミカンのβ-クリプトキサンチンやトマトのリコピンを実例に挙げながら、実際の選果現場で導入されている弊所の製品を活用した保証方法について紹介させて頂きます。

<講演スケジュール>
日時:2019年11月19日(火) 15:30~15:55
場所:タワーホール船堀 小ホール(5F) 農業・食品セッション1 招待講演
講演者:阪中 達幸(研究開発室 室長)
講演名:青果物の機能性色素成分の簡易測定装置と非破壊検査への活用(I-04)

ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
営業時間 平日9:00 ~ 17:00
ページ上部へ