公益事業私たちのくふう展

私たちのくふう展

(主催: 一般社団法人発明協会和歌山県支部、 一般財団法人雑賀技術研究所)

わたしたちのくふう展イメージ

『私たちのくふう展』は次世代を担う児童生徒に発明のくふうをする楽しさと、創作する喜びを体験してもらいたい、豊かな観察力を養うことを目的とした活動です。

1967年に「小学生のくふう展」。翌年から「私たちのくふう展」として、現在まで一般社団法人発明協会和歌山県支部と共同で継続開催しています。

■2018年実施状況(10月20日~21日、和歌山市フォルテワジマ)

第51回目の「私たちのくふう展」を開催いたしました。

今回は71の小学校と二つの発明クラブから応募のあった559点の作品が展示されました。
2日間でのべ1103人の来場者があり、今回も大盛況のうちに終了しました。

表彰式では、【特別賞】として31点の作品と、【学校表彰】として国立大学法人和歌山大学教育学部付属小学校が表彰されました。当財団からは「一般財団法人雑賀技術研究所会長賞」を5名の方に授与致しました。

※受賞作品一覧

表彰式
表彰式
展示コーナー
展示コーナー

■2017年実施状況(10月28日~29日、和歌山市フォルテワジマ)

今回は私たちのくふう展が50回を迎えることを記念して、記念賞が設けられ、29日はブーメランや傘袋ロケットなど体験できるイベントも実施しました。

展示会場には、75の小学校とふたつの発明クラブから応募のあった615点の作品が展示され、28日の表彰式では、【特別賞】として34点の作品と【学校表彰】として橋本市の隅田小学校が表彰されました。
2日間でのべ1,119人の来場者があり、193人がイベントでの実習を体験し今回も大盛況のうちに終了しました。

当財団からは「一般財団法人雑賀技術研究所会長賞」を5名の方に授与致しました。

第50回 私たちのくふう展
第50回 私たちのくふう展
工作体験コーナー
工作体験コーナー
ご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。
営業時間 平日9:00 ~ 17:00
ページ上部へ